通信販売と出商販売

目次へ戻る

<前のページ次のページ>

通信販売と出商販売

出商の始まりは明治三十年(一八九七)前後といわれ、通信販売も明治三十六年(一九〇三)にははじまっており、「甲府物産商報」の中にはぶどう酒・ワシなどもいっしょに通販の商品となっている。明治三十六年に国鉄甲府-八王子間が、同三十九年には塩尻まで開通するに当たり出商販売もますます盛んとなり、明治四十年(一九〇七)頃よりハンコ産業の隆盛期が出現するのである。

目次へ戻る

<前のページ次のページ>